【男性必見】ペアーズ(pairs)で理想の彼女を探すためには

ペアーズ(pairs)

ペアーズで理想の相手を探すためには、自分も相手にとって理想の存在になる必要があります。そのためには、プロフィールを充実させることが大切です。相手が読んだ時にどんな人なのかイメージしやすいように書きましょう!

その際にネガティブな表現やセクシュアリティな表現は避け、メッセージ時に会話のきっかけになることを書くのがおすすめ。また、相手への誠意が伝わるような言葉で文を締められると、なお良いですね!

 

本気で出会うためのポイントをご紹介!!

 

①写真は清潔感がある他人撮りを選ぶ

写真は最も大切なポイントです。写真を変えるだけで「いいね」の数は変わります。必ずしもイケメンや美女である必要はありません。大切なのは写真から醸し出される雰囲気です。清潔感があり、自撮りではなく他人に撮ってもらった写真が理想です。顔色をよく見せるための色彩を調整する程度ならかまいませんが、目を大きく見せたり、骨格をよく見せたりするための過度な加工は控えましょう。

 

②自己紹介文は人柄重視

条件はプロフィールの選択項目である程度わかるため、自由記述は自分の人柄をアピールするための重要な箇所といえます。選択式のプロフィール部分はしっかり埋めた上で、自由記述のプロフィール文は誠実さが伝わるように丁寧な文章を心がけましょう。「どんな人と出会いたいか」など、相手へのメッセージが書かれていると親切です。文章力に自信のない方には例文が用意されているので、それを自分用にうまく書き換えて魅力的なプロフィール文に仕上げましょう。

 

③年齢・居住地で絞り込む

出会うためには、年齢や住んでいる場所も大切です。50代の方が20代の方と出会いたいと思っても、20代の方が同年代と出会うよりは難しくなります。まずは、どのような年齢の方と出会いたいのかを明確にしましょう。関係を深めていくためには、実際に会える距離にいることも重要です。ペアーズでは年齢と居住地で条件を絞り込むことができるため、活用するとよいでしょう。

 

④所属コミュニティから検索

恋人や人生のパートナーとなる方とは、共通の趣味や同じ価値観を持っていることも重要な要素といえます。ペアーズの「コミュニティ」機能を活用して、自分が所属しているコミュニティの中で気の合う方を探すと理想の相手を見つけやすくなります。コミュニティの中でも、さらに年齢や居住地で絞り込むことができます。

 

⑤「つぶやき」機能を活用する

ペアーズには、トップページに22文字以内の文言を表示できる「つぶやき」と呼ばれる機能があります。「つぶやき」に共感して「いいね」を付けてくれる方もいるので、「つぶやき」機能は積極的に利用しましょう。たった22文字だからこそ、人柄が表れます。つい「いいね」したくなるような一言や共感してしまう文章、励ましたくなる文章、突っ込みたくなる文章、自分の人柄を表す一言などを表示することで、出会いの幅が広がるでしょう。

 

⑥無料で「いいね」を送るには「今日のピックアップ」を活用

ペアーズには「今日のピックアップ」と呼ばれる、運営側がおすすめする相手が表示される機能があります。ここに表示された方には無料で「いいね」を送れるので、毎日欠かさずチェックしましょう。

 

⑦​​「コミュニティチャット機能」

ペアーズでは、新しく「コミュニティチャット」という機能が実装されました。コミュニティの中で発言でき、その発言にリアクションなどを残すことができるものです。共通の趣味や価値観があることが前提のコミュニティの中で、マッチング前に相手とコミュニケーションを取れる機能なので、積極的に利用するとマッチングの確率を高められるでしょう。

 

⑧新規会員の女性を狙う

ペアーズの「New」という文字は、登録して3日間以内の新規会員に表示されるものです。

登録間もない女性会員には、まだいいねが少なく目に留まりやすいので、通常の女性会員に比べて比較的マッチングがしやすいです!新規会員の女性は比較的メッセージも返ってきやすく狙い目かもしれません。

男性会員の皆さんは、「New」の文字がついている女性会員を狙って、いいね!を送るのも一つの方法です。

 

マッチングカレッジの記事も是非ご参考にください。

ペアーズ(pairs)

若者に大人気のペアーズ!!
ペアーズ利用者から1日400人に恋人が出来ている利用率No1恋活・婚活マッチングアプリ。
毎日約8,000人がペアーズに登録している口コミも高評価のペアーズ。

マリッシュ(marrish)

マリッシュは初めての人でも安心して登録をすることができるようになっているため、恋活・婚活・再婚活を検討をしている人はぜひ、マリッシュを始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました